平成29年11月時事問題

  • シリアは、2015年に採択された、地球温暖化対策のための国際的枠組みである「パリ協定」に参加すると発表した。これでパリ協定に参加しない国は、世界で米国のみとなった。
  • 米財務省はオバマ前政権のときに緩和されたキューバ制裁の強化を表明した。キューバ軍と関連する組織との商取引規制や、渡航制限などで、9日から施行される。トランプ大統領が6月に制裁強化を発表したことを受け、具体的措置を定めた。
  • 地球の歴史で約77万~12万6千年前の地質学上の年代が「チバニアン(千葉時代)」と命名されることが決まった。この年代の基準地点として千葉県にある地層が国際学会に申請され、競合するイタリアにある地層を一次審査で破った。
  • 地球温暖化対策についての国連の会議「COP23」は、2020年から始まる地球温暖化対策のための国際的枠組み「パリ協定」のルール作りについて、来年ポーランドで行われる「COP24」にて合意することを宣言した。li>
  • 北朝鮮は、北朝鮮西岸から弾道ミサイルを発射し、約53分間、約1000キロ飛翔した後、青森県西に約250キロの、日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下した。北朝鮮は新型ミサイル『火星15』であると主張した。
  • このページの先頭へ