9月スタート生 募集中

8月31日(水)までの期間、9月スタート生を募集しております。

小学5年生

今から中学受験の勉強をスタートすれば、6年生の7月までに受験内容全般を学習することができます。
他塾生の方も、一から一通り学びなおすことができます。

中学1年生

成績が下がってしまった場合、「勉強量の不足」「ある箇所で躓いたために、それ以降が理解できなくなる」などの原因があると思われます。

ただ、その期間が短ければ短いほど取り戻すのは簡単になりますが、長期間続いてしまうと取り戻さなければならない量もどんどん増えていきます。

3年生になってからでは、取り戻している間に、重要な定期テスト・11月実力テストが過ぎ去ってしまいます。

中学2年生の入塾時期について

高校入試から逆算すると

私立高校の3割ほど・公立高校入試全般では、中学校の内申が重要視されます。
近隣地区の公立中学校は意識が高く、後半からの挽回・逆転を許してくれません。1学期にでた内申が、そのまま変わらないケースがほとんどです。
1学期の中間テストが「公立高校入試本番」といっても全く言い過ぎではありません。
それに備えて、春休みから中間テストの範囲を勉強し始めます。
2年生の学年末テストは、「高校入試本番」への、最後の練習になります。このテストに全力で取り組み、過去最高の結果を出さなければなりません。
そうやって取り組んでも、「ああすれば良かった。」というポイントが出てくるはずです。それを本番である3年生1学期中間テストで修正すればよいのです。
また、その手前の冬期講習から勉強を始められれば、英数など、学年末テストに臨む前の下準備(基礎固め)ができます。

つまり、どこに入塾されるにしても、「2年生の冬期講習」から時間がたつほど、公立高校入試に対するロスが大きくなっていきます。塾を探していらっしゃる方には、ぜひ検討していただきたい内容です。

このページの先頭へ