希学園サポートコース

謹告
現在、個別指導枠が満席となっております。
個別指導枠のご予約はこちらをご覧ください。

夏期講習
夏期講習のみの受講も可能です。

希学園サポートコースの特徴

希学園の先生の教え方・解き方に合わせて指導します。

5年生までの全クラス・6年生で灘中学を中位での合格を目指すレベルまで対応します。

国語を希学園のテキストに沿って学習する場合、1:1の対応が必要となりますので、別途ご相談ください。

自習室の利用は可能ですが、自習監督による質問対応はできません。塾長が授業の合間にお伺いすることになります。

以下のようなお悩みを解決します。

  • 授業でわからなかったところを教えてほしい。
  • 宿題をフォローしてほしい。
  • 復習テスト・公開テストの対策を取りたい。
  • テスト類のやり直しや復習をしたい。
  • 苦手科目・単元を勉強したい。
  • 上位クラスを目指したい。
  • 上位クラスの宿題をこなしたい。
  • 志望校の対策をしてほしい。
  • 以上のようなご希望に対応します。

1週間のスケジュール例

当塾をフル活用される場合

希学園生のスケジュール

週1回、わからないところを中心に聞く場合

希学園生のスケジュール2

上記のように、希学園が休みの日や、希学園の授業終了後、自習室を利用することができます。

表はあくまで一例です。個別指導のみの通塾や、週1回の指導も可能です。

希学園生へのアドバイス、指導例

算数テキストの使い方について

難関校での頻出問題が多数掲載されていますので、いくつかは捨てるというわけにはいきません。特に重要な問題はこちらで選んだ上でしっかりと復習していただきます。

まずは希の授業後、こちらで宿題を一通り仕上げますので、1週間のうちに2,3周復習できれば、復習テストも万全です。

国語の文章が難しい

難関校になると、難しい語句を使った文章や、漠然とした内容の文章が出題されます。

特に希学園のテキストでは、抽象的な内容の文章が多く掲載されており、数ランク上の読解力を要求されます。

個別に語彙力や基礎知識力を高める訓練をするなど、何らかの対策が必要です。

ただ、「たくさん問題を解く」だけでは力がつきません。こちらで1問ずつ丁寧に解説していきます。

国語の習熟度確認テストの成績を上げたい

習熟度確認テストは出題範囲があらかじめわかります。

国語の場合は、前半にテキストの漢字や知識分野の問題が出題され、その後、文章題が続きます。

前もって勉強できる部分は落とさないようにしなければなりません。ただ、「何回か書く」だけではなく、暗記テストをして確認します。

算数のテストで時間が足りない

テストで最も大事なことは、本来正解できる問題を確実に正解することです。

難問にチャレンジしたために、基本問題を落としたりすると、平均点も確保できなくなります。

目標点にもよりますが、時間が余っても難問には挑戦せず、基本を何度も見直すのも作戦の一つです。

スピードに関しては、「計算力をつける」「知っている問題を増やす」ということが重要です。

設問は慌てず、慎重に読まなければなりません。勘違いして余計に時間をロスする場合があります。

公開テスト復習の仕方

各テストでは正答率が発表されていますので、「正答率30%以上の問題だけをやり直す」「正答率5%未満の問題以外をやり直す」などを決めて復習しましょう。

解説を見たり、赤ペンで書き直すのが目的ではなく、「次に同じ問題が出たら正解できる」ようになることを重要視してやり直しをしましょう。

宿題だけで精一杯で、復習まで手が回らない

難しい問題をずっと考えていると、かなり時間がかかってしまいます。わからなければすぐにこちらの説明を聞くなどして、「覚えていく」という意識が必要です。

まずは重要なパターンを覚えて身につけたうえで、考える力を鍛えていきましょう。

志望校別特訓や最高レベル演習を受講するべきか

授業で聞いたことをしっかり復習する(宿題をする)ことで、身につきます。授業を受けるだけだと、効果はほとんどありません。

まずは、ベーシックの宿題や復習テストが十分にこなせるようになることを優先してください。


愛知ゼミナールの中学受験コース

志望校へ最短距離の指導。
中学受験コース指導内容はこちらから

希学園からの転塾も可能です。
苦手な分野・習っていない分野を洗い出し、転塾のロスを最小限にとどめて指導します。
授業~宿題まで塾内サポートします。

志望校別コース

このページの先頭へ