平成29年度2月時事問題

  • トランプ米大統領が難民や中東・アフリカ諸国からの入国を一時停止する大統領令を発効し、国内外の空港などでアメリカ入国が認められず、拘束や搭乗拒否された人が約280人に達した。世界的な非難を浴びるなど、大きな話題となった。
  • 安倍晋三首相はトランプ米大統領とホワイトハウスで初の首脳会談を行い、日米同盟と経済協調を一層強化していく方針で一致、共同声明を発表した。大統領は「公正な貿易」を要求した。また、中国が領有権を主張する尖閣諸島について、日米安全保障条約の適用対象と確認、声明に明記した。
  • 北朝鮮西岸から弾道ミサイルが発射された。ミサイルは約500キロ飛行し、日本海の排他的経済水域(EEZ)の外に落下した。中距離弾道ミサイル「ムスダン」の改良型である可能性が高い。
  • 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄である金正男氏がマレーシアの首都クアラルンプールで毒殺された。猛毒の神経剤VXガスの使用が疑われる。
  • 地球から約39光年先の宇宙で、生命を育む可能性がある7個の惑星を持つ星系が見つかったと、米国や欧州などによる国際チームが発表した。この星系の中心にある恒星「トラピスト1」は、赤色矮星と呼ばれるタイプに分類され、水の存在可能範囲であるハビタブルゾーンに多くの惑星が入っている。
  • このページの先頭へ