平成29年3月時事問題

  • 政府は、成人年齢を18歳に引き下げる民法改正案について、今年度の国会への提出を見送る方針を発表した。
  • 北朝鮮が弾道ミサイル4発を発射し、そのうち3発が日本の排他的経済水域(EZZ)に落下した。アメリカ太平洋軍はこれを受けて、最新型ミサイル迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国への配備を開始した。
  • 学校法人「森友学園」が新しく開校予定だった小学校の建築事業費に関して、実際とは異なる金額を示した書類が国や大阪府議会に学園側から提出されていた問題などを受けて、大阪府教育庁は小学校の設置を不認可とした。
  • 警察が裁判所の令状を取らずに容疑者の車両に全地球測位システム(GPS)端末を使用した捜査を行った問題に関して、最高裁判所は「令状が必要な強制捜査に相当する」とし、違法と結論付けた。
  • 英国のメイ首相は、欧州連合(EU)のトゥスク大統領にEUからの離脱を正式通告した。昨年6月の国民投票に基づくもので、加盟国の離脱はEU史上初めて。早ければ2019年3月末に離脱する見通し。
  • このページの先頭へ