平成29年6月時事問題

  • 政府の衛星「みちびき2号機」を搭載したH2Aロケット34号機が、鹿児島県にある種子島宇宙センターから打ち上げられた。衛星は予定の軌道に入り、打ち上げは成功した。
  • トランプ米大統領は地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」から離脱することを表明した。パリ協定は温暖化効果ガス排出量1、2位の中国と米国を含む、国連気候変動枠組み条約の全ての参加国が合意した画期的な枠組みだったが、米国の離脱で有効性が低下する。
  • 厚生労働省は2016年の人口動態統計を公表した。1人の女性が生涯に産む子どもの推計人数「合計特殊出生率」は1.44となり、前年から0.01ポイント低下した。出生数が97万6979人と初めて100万人を下回り、死亡数は戦後最多の130万7765人に上った。人口の自然減少は33万人余りで、日本の人口減少が加速化している。
  • 住宅の空き部屋を旅行者らに有料で貸す「民泊」についてのルールを定める住宅宿泊事業法(民泊新法)が、参院本会議で可決、成立した。
  • 天皇陛下の退位を可能とする特例法は参院本会議で可決、成立した。陛下の退位日は特例法の施行日で、法律に時期は明記されていないが、2018年末に退位し、19年元日に元号を改める日程が有力といわれている。
  • このページの先頭へ