平成29年7月時事問題

  • 東京都によると、品川区の大井埠頭で、強い毒を持つ南アメリカ大陸原産のアリ「ヒアリ」が発見された。
  • 安倍晋三首相はベルギーの首都であり、欧州連合(EU)の本部があるブリュッセルでトゥスクEU大統領、ユンケル欧州委員長との共同記者会見を開き、経済連携協定(EPA)交渉が大枠合意に至ったと表明した。発効すれば、日本で欧州産製品の値下がりが期待できるが、輸入品が増えれば国内生産者に打撃となる。
  • ドイツ北部ハンブルクで開かれていた主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)は首脳宣言を採択して閉幕した。米国以外の19カ国全てが結束して地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」に取り組んでいくことが明記され、米国の孤立が鮮明になった。首脳宣言には、2019年にG20首脳会議を日本で開くことも明記された。日本での開催は初めてとなる。
  • イラクのアバディ首相は声明を発表し、2014年6月に過激派組織「イスラム国(IS)」が制圧し、イラク最大の拠点としていた北部の都市モスルのISからの解放を宣言した。
  • 民間企業が単独で開発し宇宙を目指す、インターステラテクノロジ(IST)のロケットの1号機が打ち上げられたが、目標の高度100キロには到達しなかった。
  • このページの先頭へ