• 米国を除く、環太平洋連携協定(TPP)参加11カ国による新協定「TPP11」が12月30日から発効することが発表された。
  • 内閣府は、日本独自の測位衛星「みちびき」の本格運用を始めた。みちびきは米国の全地球測位システム(GPS)の測位情報によるズレを補正し、誤差を約1メートルまで縮小することができ、専用受信機を使えば、数センチの精度で位置を確認できる。車の自動運転やドローンを使った配送など、さまざまな分野での応用が期待されている。
  • 南太平洋に浮かぶフランス特別自治体ニューカレドニア島で、独立をするかどうかを問う住民投票が実施され、即日開票の結果、独立反対が56.4%を占め、否決された。観光産業のほか、ニッケルやコバルトなどの鉱物資源の輸出が盛んな島である。
  • トランプ米政権は、2015年のイラン核合意からの離脱を踏まえ、核合意のために解除した対イラン経済制裁を全面的に再開した。制裁対象には、イランの国家収入の約3割を占める原油取引が含まれ、イランや国際経済に大きな影響を与えるだろう。
  • 兵庫県篠山市の市名を「丹波篠山市」に変更することの賛否を問う住民投票が実施された。即日開票の結果、賛成56・4%、反対43・6%となり、賛成多数となった。